ホーム園の紹介

園の紹介

園長からのメッセージ

当園は、日本の文部科学省教育要領に基づき、「健康・人間関係・環境・言葉・表現など」遊びを通して学ぶことを目指し保育に当たります。

緑豊かな環境で 笑顔弾ける日本語保育
幼児期の母語習得が言語学習の力に


海外にいても、日本人として第一言語である日本語はとても大切です。

就学前までに知っている語彙力がその後の表現力・読解力などに大きく影響します。

当園では日本の幼稚園と同様の活動をおこないます。
知育教材は日本から取寄せている教材を使用。
そして、体力をつけ、日々の活動で創造性豊かな子ども達を育みます。

日本に帰国されても子ども達が戸惑うことなく日本での幼稚園生活に慣れ親しむことができます。

4つの教育目標

1.挨拶ができ、何事も自分でできる子

挨拶やお礼がしっかり出来るように促して行きます。

一人ひとり違う子どもたち。

子どもの生活は「遊び」が全てです。

教えるのでなく、友達と遊ぶ中から(人間関係・考える力・自主性)を身につけて成長します。

 

2.素直で優しく思いやりのある子

家庭的な雰囲気の中で、異年齢児と遊ぶ時間を大切にしています。

思いやる心・助け合う心・向上心が養われます。

 

.約束の守れる子

集団生活のなかでは、約束・決まり(ルール)があります。

「遊ぶときには元気に、人のお話を聞くときは静かに聞く、手洗いうがいをする」など色々な約束(ルール)があります。

保育者の心配りで習慣が自然に身につきます。

 

4.何事にも挑戦し、そして自由に表現する子

見る・聞く・する・感じる」自ら興味をもって行動する子ども達。

幼稚園生活の中「初めての体験」で、いろいろなことに挑戦し、感性豊かに子どもに育つよう自然環境・音楽環境に配慮します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教室にて

園庭のブランコ

お砂遊び

裏の園庭にて

お問い合わせ